猫の手なら貸せる

いろいろ共有できたらいいなとおもってます

ウェアラブルネックスピーカー色々軽くレビューとか

ウェアラブルネックスピーカーだったりウェアラブルスピーカーだったり、一時期流行って今はもう下火ではないか?と思われがちですが、実はSonyが新しい製品を出していたりと、なにげに動きはあります。
個人的に一時期結構買い漁っていたので、今回新しく出た商品も含めてまとめて比較/レビューしておこうかと思います。

判断の軸は以下の通り(x は判定してません)

  • 音質の良さ: ★が多いほどよい。
  • 音の臨場感: ★が多いほどすげーって感じ
  • フィット感: ★が多いほど気持ち悪くならない
  • 音の遅延 : ★が多いほど遅延しない(ゲーム向き)
  • 使いやすさ: ★が多いほど便利(マルチペアリングだったり、操作性が良かったり)

どういう用途でネックスピーカーを買おうとしているのか

部屋がせまいのでスピーカーをおいても近所迷惑だし、ヘッドホンは圧迫感が気になるので、その中間みたいなのがほしいなと探したところ、ウェアラブルネックスピーカーにたどり着きました。

ので、普段使っている1万円のヘッドホンぐらいの音質は必須条件としています。普通にヘッドホン用途(スマホとかの音楽聴きたい)としてや、テレビはもちろん、映画、アニメ、 (特に)ゲーム で使いたいと思っています。ちなみにゲームは5時間ぐらいぶっ通しで遊んじゃいます、なのでそれぐらい長く使っても気持ち悪くないかはちょっと大事なポイント。

テレワークもしているので申し訳無さ程度に通話機能もあれば嬉しいなーとか思っている程度。これはなくてもいいです。

JVC SP-A7WT-B NAGARAKU

入門用にいいよ!とかレビューに書いてあったのではじめに買ったのですが、これは(私の用途だと)ハズレでした。
www.jvc.com

  • 音質の良さ: ☆☆☆☆★
  • 音の臨場感: ☆☆☆☆★
  • フィット感: x
  • 音の遅延 : x
  • 使いやすさ: x

出力が低すぎてトランスミッター越しに音が聞こえない自体に。スマホで接続したときはシャカシャカ言ってたのを覚えてます。
多分用途によっては悪いものじゃないんだと思うので、あまり多く書かないで起きます。

SRS-WS1

さすがウェアラブルネックスピーカーのハイエンドと言われたレベルの代物でした。 www.sony.jp

  • 音質の良さ: ☆★★★★
  • 音の臨場感: ★★★★★
  • フィット感: ☆☆★★★
  • 音の遅延 : ★★★★★
  • 使いやすさ: ☆☆★★★

音についてはさすがSONY様って感じ。いやヘッドホンより音良かったです正直。音を鳴らさないで音を表現している点には新鮮さを感じざるを得ない。
ただ、2.4GHzで通信しているっぽくて、スマホとかで気軽に音楽を聞くのにはいまいち使えない感じ。有線接続できるようになってるのはちょっと笑った。

これあんまり言及されているサイト少なかったのですが、振動を伝えるためか、鎖骨にスピーカーが乗っかるような作りなのですが、長く使っていると結構痒くなってきます。
人間工学なんとかとかとか書かれていて期待していたのですが、合わない人もいるのかなーとか思いました。映画を一本見るぐらいなら平気なんだと思います。

AN-SX7A

見た目ダサすぎる、でも音や使い勝手は悪くなかったです。 jp.sharp

  • 音質の良さ: ☆☆★★★
  • 音の臨場感: ☆☆★★★
  • フィット感: ☆★★★★
  • 音の遅延 : ★★★★★
  • 使いやすさ: ☆★★★★

見た目はおいておいて音は結構いいです。昔iPhoneのおまけに付いてくるオープンイヤー型のイヤホンあったじゃないですか、あれぐらいには良い。すごく感動するわけでは無いけど聞ける。
こっちもSRS-WS1と同じように振動ユニットがついているのですが、かなり控えめなおかげで鎖骨が痒くなるのはなかったです。

なにげにaptX LL対応しているのでゲームの遅延はほぼなし。トランスミッターは別売りのやつでも動きました。映画をみたりアクションゲームするには迫力がちょっと物足りない、RPGをやるぐらいにはいい感じみたいな感じです。

JBL soundgear bta

今でも使ってます。本命。ちなみに販売終了済み、すごい良い商品なのになぜ。
jp.jbl.com

  • 音質の良さ: ★★★★★
  • 音の臨場感: ☆★★★★
  • フィット感: ☆★★★★
  • 音の遅延 : ★★★★★
  • 使いやすさ: ☆☆★★★

高いだけあります。サブウーファーでも炊いてるんかというレベルでどこどこなります。これつけてDETROID become human遊んでた、臨場感が凄まじい。どれぐらい凄まじいかというと耳元は空いているはずなのにゲームの音しか認識できない。

バイブレーターとかついてないのでWS1みたいな新感覚感は得られないんですけど、そもそもスピーカーのレベルが高いので結局ぐぉんぐぉんしていい感じです。後ろの方に重心があるので体を動かしすぎるとずれてくるので、あんまり使用中は動かないほうが良い、この点はSRS-WS1と似てますね。

こいつもaptX LLに対応しているので低遅延高音質。ゲームOK、映画OK。マルチペアリングなのでスマホへの接続もばっちり。BTAの品質がちょっと悪いかも。まあでもトランスミッターは自前のやつを使えばいいだけなので、そこはどっこいどっこいです。

SRS-NS7

最近出たらしい。
www.sony.jp

まだ買ってないので音質とかじゃない部分だけ見ます。

  • 音質の良さ: x
  • 音の臨場感: x
  • フィット感: x
  • 音の遅延 : ☆☆☆★★
  • 使いやすさ: x

対応コーデックが SBC、AACLDAP。以上!aptXは未対応です。そう、ゲーム向きではないんです(SBCは言わずもがな、LDAPは高品質ではあるが遅延はSBCレベル)。
幸いにもAACLDAP対応なのでiPhoneとWorkmanで最大限の音質を維持して通信はできる。

なのでこれターゲット層が多分「超リッチな音楽再生環境がほしい人」なんかなーって思いました。ヘッドホンをつけるのは嫌だ、スピーカーを置くところはない、でも最高の音楽体験をしたい、みたいな。

ちょっと欲しいなーって思ってたんですけどね、遅延はこまる。遅延したくないならSRS-WS1使ってくれってことだと思います。でもWS1はスマホとの接続が面倒くさいし鎖骨痛くなるからな...という感じ。

まとめ

用途にあう選択をしよう!という感じです。といってもやはり万能なやつが欲しくなっちゃう、今の所、全てが高水準に仕上がっているのがJBLのsoundgear、音と臨場感に全振りしたのがSRS-WS1、見た目以外は悪くないのが AN-SX7Aって感じです。

Sony以外のネックスピーカーは軒並み下火(というか閉店準備感)がしているので、いつかハイエンドモデルあたりはプレミアついたりするのだろうか。
今後のウェアラブルネックスピーカー界隈の発展から目が離せません!...すくなくとも部屋は広くなるまでは